就農までの道のり

HOME > 就農までの道のり > 農業を始めたい(新規就農希望)

農業を始めたい

農業を始めたい(新規就農希望)(1) 意欲と情熱
 農家の後継ぎと比べて、ハード面や生活条件のソフト面でもゼロからのスタートですので、「何が何でも農業で夢を実現するぞ」という強い意欲と熱い情熱が必要です。

(2) 家族の同意
 新規就農の場合、特に重要なことは家族の同意と理解を得ることです。家族の協力なしには新規就農は成り立ちません。

  1. 特に配偶者は、農作業及び農業経営のパートナーとして、また農村社会における我が家の外交官として、その役割を十分に発揮してくれる存在であり、力強い協力者として十分理解を得ておくことが大切です。
  2. 子供にとっては豊かな自然に触れられる反面、学校や友人関係及び生活環境の変化に不安を抱きます。
  3. 独身者にとっても親などの理解を得ることは大切で、精神的な支えや資金援助を受けたり、融資を受けるときの保証人になってもらえます。

(3) 地域社会とのコミュニケーション
 農村に住んで新たに就農するということは、農村社会の一員になるわけで、地域住民とのコミュニケーションが大切です。
 農業で成功するかどうかは、地域社会にどれだけ溶け込めるか、地域とうまくお付き合いできるかにかかっています。

  1. 集落の会合や行事、共同作業などに積極的に参加し、場合によっては一定の役割も担うなどの努力が必要です。
  2. 集落で行なう行事には一定の約束事などがありますから、どういうルールがあるかを確認することが大切です。
  3. 地域内に農業に限らず、腹を割って何でも相談できる人を確保しておくことも大切です。
就農までの道のりへ
育成センターについて | リンク集 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ

公益財団法人福島県農業振興公社青年農業者等育成センター
〒960-8681 福島市中町8番2号(福島県自治会館内8F)
TEL024(521)9848 / FAX024(521)8277